まだまだ寒い日が続いていますが、最近、日の光や風の香りに確実に「春の訪れ」を感じることがありませんか?
弥生、3月は暦の上ではもう春。今回は春にお勧めしたい古代から春のエネルギーを持つといわれ、愛されたパワーストーンのお話をしましょう!

20日は春分、そして27日はイースター(復活祭)があります。春分は昼と夜の時間が一緒になる、光と闇のバランスがとれ、安定する日。春分は生命の成長、拡大が本格化する「動」の時期のスタートなのです。日本ではあまりになじみのないイースターは、キリストの復活を祝う日ですが、生命力を意味するうさぎと卵がシンボルです。どちらも地球のリズムにとって、重要な春の祭典です。ヒーリングとは、「変化を創造し、変化が起きるのを許可すること」といわれますが、ヒーリングにおいては、この季節の変化のエネルギーに注目し、そのパワーを利用して望ましい変化を簡単に呼び起こすことができるのです。

様々な花がいっせいに花開き、生命力を輝かせる春。春は「新生」の時。新しい自分を目指す、新しいことを始める。新しい夢を叶える。そんなヒーリングパワーに満ちているのです。
その春のエネルギーを持った素敵なパワーストーンがあります。身に着けたり、手に持ち見つめて会話してみる。そうすることで、春のパワーをもらえます。また、あなたにあったヒーリングが起きることもあります。
春のパワーストーンは、主に「火のエレメント」を持つ、ルビー、ダイヤモンド、ゴールドシトリン、カーネリアン、ガーネット、ピンクトルマリン、クンツァイト、マグネタイトなどがあります。太陽を象徴する金色、赤、オレンジからピンクのグラデーションを持つ、温かみ、力強さ、威厳を感じられるストーンが多いようです。なんとなくウキウキ、ワクワクして心はずむ春。心地よい香りを放ち、生命の喜びを歌う色とりどりの美しい花々のように、あなたもGamaのパワーストーン・ジュエリーとの一緒に、新しい季節の喜びを謳歌しましょう。喜びに満ちた素敵な春が、あなたに訪れますように!

みなさまは、日頃お月様をご覧になりますか?その月の新月や満月がいつだかご存知ですか?
現代人の生活には、お月さまは遠い存在かもしれません。しかし、お月さまと私たちの生命体には密接な深いつながりがあるのです。
お月さまの満ち欠けのリズムは、私たちの生体リズムとつながり、大きな影響力を持っています。たとえば、お肌などの細胞の生まれ変わりの周期は28日間。お月さまの満ち欠けの周期と同じです。新月には植物の成長を促すパワーが強く、種を植えるのに適し、満月は収穫の時期と一致することが多いのだそうです。
ダイエットは、お月さまが欠けて新月に向かうときにスタートすると効果が大きく、満月の日に髪を切ると伸びが早いというデータがあるのもおもしろいですね。
そんなお月さまのパワーはパワーストーンにも大きく影響します。古代に石を用いた儀式などがほとんど満月の日に行われたのは、昔の人々がお月さまのパワーをよく理解していたからかもしれません。新月には「願望実現」、満月には「浄化と再生のパワー」があると言われています。
新月の日に夢を実現させるプログラミングをあなたのジュエリーにしてみるのもいいですね。満月の日には、月の光をジュエリーやパワーストーンに浴びさせてあげると、石たちの疲れやストレスが洗い流されてパワーをよみがえらせることができると言われています
。石が元気になるのは、お月様と深い語らいを楽しんでいるからかもしれませんね。
雨水や風にさらされないように工夫をして、ジュエリーやパワーストーンを一晩“月光浴”させてみてください。窓ガラスを通しての”月光浴”でも大丈夫ですが、月の光に直接触れられる状態がより効果的で
好ましいです。
翌日には、輝きが増したり色が濃くなる、あたたかみが増す、なんとなく軽くなっている、クリア感が強くなっているなどの変化が起こることがあります。
水にさらしたり太陽の光にさらす浄化の方法もありますが、石によっては色が落ちたり割れやすくなることもあります。お月さまの優しい光による浄化ならそういう変化は起きませんから安心ですね。(アメジストなどのデリケートな色彩の石は時々、日にさらしたりしなくても色が薄くなったり、白濁するこがあります。でもそれは、身に着けているあなたを石が一生懸命サポートしてくれているからなのです。あなたの状態や
周囲の環境を良くするために、石がパワーを使うとそういう変化が起こることがあります。パワーストーンは身を挺して守ってくれる、けなげで力強い味方になってくれるのです。ありがたいですね!色が薄まったり白濁しても、後のお手入れで元通りになることがあります。そのお手入れの方法はまたの機会にお話しましょう。) 2月の新月は9日(水)、満月は24日(木)です。'Gama'のジュエリーとより仲良くなるために、ちょっとお洒落な"お月様とジュエリーの語らい"のチャンスをセッティングしてあげてはいかがでしょうか。

石はその結晶構造、色や形により、特有のパワー、エネルギーを持ちます。その石独自の‘Magic’ともいえる「効能」を持っているのです。たとえばアメジストは邪気を払う力があるためにペリドット同様「魔よけのお守り」とされていました。
インスピレーションを与え、創造性を高める効果があるアメジストは、理想的な異性との出会いを引き寄せる石としても愛されています。
こういった古くから言い伝えられる石の効能のほかに、あなただけの望みやテーマを石に伝え、そのパワーを発揮させることができます。それをプログラミングといいます。
たとえば「素敵な恋がしたい」と思っているあなたは、あなたのガーマジュエリーを「恋を成就させる‘Magic Stone’」に変えることができるのです。
その方法はとても簡単!あなたと石の波動をあわせ、あなたのテーマを石のエネルギーに同調させてあげればいのです。
石を大切にしてかわいがってあげる、愛してあげると自然にあなたと石はつながり、エネルギーが同調されます。パワーストーンがついたジュエリーを身に着けているとウキウキする、元気になる」「身に着けていないとさびしい気がする」という感じがしたら、それは石とあなたのエネルギーが同調し、しっかりつながっている証拠です。
きれいに片付いた日の光にあたる気持ち良い場所で、石の部分を両手で包み込むように持ち、あなたの手の中で石が光と愛に包まれて輝いているイメージを思い描きます。そして、その石とあなたも一筋の光でつながっていて、その光を通して会話ができるように思い描きます。
あなたのテーマや望みをより具体的で肯定的なアファメーション(宣言)にして、光を通して石に語りかけます。文章は短くて明確な現在進行形がよいでしょう。
石にあなたの愛のエネルギーを送りながら心を込めて語りかけ「これがあなたのテーマです。私のためにあなたの素晴らしいパワーを発揮してくださいね。」とお願いします。
なんとなく石があなたの言葉を受け取って了解してくれたなと思える瞬間があるはずです。これでプログラミグは完了。
これは1回だけでなくジュエリーを身に着けるたび、または外してお手入れするたびに行うことをおすすめします。
石の素晴らしいパワーをあなたのために発揮してもらい、あなただけの‘Magic Stone’を楽しみましょう!

ご存知ですか?石は成長するのです。あなたが愛情をかけて大切にしてあげると、それに応えて成長することがあるのです。石は成長すると「輝きが増す」「虹が入る」「色が鮮やかになったり濃くなる」「手にすると軽く感じたり、温かく感じられるようになる」・・・などの変化があわられます。また、あなただけが感じるオリジナルの‘成長の兆し’もあるでしょう。

反対に石は疲れたり、調子が悪くなると「色が薄くなる」「にごる」「ひびが入る」「重く感じられる」・・・といった変化が起こることがあります。 あなたにぴったりのジュエリー(石)が見つかったら、そのジュエリー(石)との親密感を育てていきましょう。

Gamaのパワーストーンジュエリーを身に着けるたび、はずすたびに次のことを石にしてあげてください。
柔らかい布でふく、塩水につけて自然光で乾かす、セージ(古くからネイティヴ・アメリカンが浄化のためのハーブとして使用)の煙で浄化する、石を見つめて対話してみる、石の状態(健康状態、感じていること)を想像してみる・・・。他にもあなたがひらめいたことをしてあげるといいのです。始めは何も感じられなくても、繰り返すうちに不思議と石からの反応、あなたへの語りかけを感じられるようになります。


あなたと出会えた石は、必ずあなたへのメッセージを持っているのです。あなたの愛情のかけ方次第であなたのジュエリーはあなた独自のヒーリングストーン・ジュエリーに生まれ変わるのです。
2005年12月〜現在
2005年8月〜11月
2005年4月〜7月
2004年12月〜2005年3月まで